メニュー一覧・ご案内

ファーストトーク教室

  • ファーストトークプレ教室モニター募集

    *ファーストトーク*

    お待たせしました!!
    待ってないって??笑


    ファーストトークのプレお教室のモニターレッスンにご参加いただける親子さまを募集いたします。


    そもそも、ファーストトークとは・・・
    子どもの『言いたい』『伝えたい』意欲を育てるもの。

    だいぶおしゃべりができるようになってきても
    思っていることを100%伝えることは難しいです。
    その内にある言葉を引き出すお手伝いをします♡

    そして、お子様の考える力や伝える力を
    遊びを通して育んで行きます。


    【モニター参加条件】
    ①2歳半〜4歳までのお子様とママ
    ②3〜4回程度ご参加いただける方
    ③SNSなどにレッスン風景のお写真掲載OKな方



    日程は平日の午後、もしくは土日。
    1回あたり1時間程度のレッスンとなります。


    プレ教室のため温かい目で、
    ご参加にご協力いただけるとうれしいです❤︎

  • ファーストトークは、深い!!

    *ファーストトーク*

    一昨日は、ファーストトークの授業でした♪
    今回は、テレビ電話で。
    こんな形で授業を進めることもあります^^

    ファーストトークは、2〜4歳くらいのお子様。
    おしゃべりはできるけれど、
    まだ自分の思っていることを完璧には伝えるのは少し難しい時期。

    この時期のお子様を対象にした講座なんですが・・・
    本当に深い!!
    コミュニケーションの軸なので、
    子供だけではなくわたしたち大人にも大切なことが詰まっているんです。


    まさにわが子に実践しながら学びを深めているところ。

    学ぶにつれて、娘に「こんな風に育ってほしい」という思いが
    明確になっていくのを感じます。



    これからの子供たちの未来に必要な『考える力』ってなんだろう?
    どんな未来の世界になるかはわからないけど、
    コミュニケーション力と考える力は、絶対に必要だと思う。

    困難なことに出会った時に、
    経験したことや知っていることを総動員して考えたり、試したり、失敗したり。
    そこで、考えることを身につけてあげたい。


    「できた」の達成感を感じ
    「わかった」の学びを積み重ねることで
    子どもの世界は広がっていくんです。

    だからこそ、たくさんのことを経験させてあげたい!
    たくさんの人と出会ってほしい!
    その中でいろんなことを感じてほしいと思います。


    この写真は、昨日お散歩中に桜の花びらをみつけてうれしそうに持ってきて
    「いっしょに手のひらにのせよう」って。

    こんな何気ないことでも、
    娘は何を考え・思い・一緒にこれをしたかったのかな♡と
    考えるようになり、
    娘へのいとおしさと成長を感じます。

    5月には、プレお教室のモニターにご協力いただける方を募集します。
    対象年齢は、2歳半〜4歳までのお子様です。
    気になる方は、お問い合わせくださいね♪

  • ファーストトークスタート!!

    *ファーストトーク*

    ついに、気になっていたファーストトークの勉強をスタートしました!!

    対象年齢gは、2〜4歳とまさに娘にぴったりで、
    気になる気になる。。。


    ファーストトークってなんぞや??って。


    子どもの『言いたい』『伝えたい』意欲を育てる


    ふむふむ。


    おしゃべりはできるけど、まだ完璧ではない時期ですよね。
    そのための、コミュニケーション能力を高める。


    そして、心豊かな人間と社会を作る。

    2歳くらいになると、今まで家族間でのコミュニケーションが主だったものが、
    外の世界へと変わっていきます。

    ママ・パパなら、子どものことを理解できるよね。
    毎日一緒だから。

    でも、そうじゃない人は??


    やっぱり、すべてわかることって難しい。


    子どもにその経験を通してコミュニケーションを学ぶのです。

    こんな効果があります♪

    ・親子が共に人格を尊重し合えるようになる
    ・人との関わりを通して言葉や会話に興味を持てるようになる
    ・子ども自信が体験したことや感じたことを言葉で表現できるようになる
    ・考える力を育てる
    ・言語によるコミュニケーション能力の向上

    そのためにどうするかっていうのは、自分の子育てに取り入れて実践していきます。
    みなさまにも、ご報告させていただきますね★★


    お楽しみに〜〜〜〜